前へ
次へ

介護施設はサービス付き高齢者向け住宅で決まり

高齢者の介護施設でサービス付き高齢者向け住宅というのがあります。
この施設は平成23年に作られた高齢者向けの介護施設です。
特徴は、バリアフリーなどで、高齢者が暮らしやすい設備が充実していることです。
それから高齢者の生活を支援するサービスを提供するスタッフが充実しています。
介護施設としては、格段に、その専有面積が広いのが特徴です。
お金は多少かかりますが、高齢者を介護施設に入居されるのであれば、サービス付き高齢者向け住宅が一番であるということができます。
施設への入居は、基本的に、六十歳以上の高齢者が対象になります。
費用の目安ですが合計で13万円くらいはかかります。
施設によっては高額な敷金を要求される場合もありますので、当該の施設にお出かけして確認してください。
サービス付き高齢者向け住宅登録制度がスタートした背景としては、それまで高齢者の賃貸住宅への入居が拒否されるという問題が多発していたからです。
高齢者ゆえに住宅に入居できないというのは、あまりにも理不尽ではないでしょうか。
それを解消すべく、立ち上がった政府が、立ち上げた施設がサービス付き高齢者向け住宅ということになります。

Page Top